Pure Delight – Larry Carlton

Larry Carton - Alone But Never Alone

 

さて、今回は、
から始まる歌なし
ということで、選びました。


今日、ご紹介するのは、
Larry Carlton
というアーティストの
Alone/But Never Alone
というアルバムの
Pure Delight
という曲です。


ラリーカールトンは、
私にとって初めて聞いた外国のスムースジャズでした。


当時は、クロスオーバーとかフュージョン
とか呼ばれていましたが、
このブログで一番最初に、
四人囃子レディ・バイオレッタ
を紹介した時にも書いたのですが、
高校2年の時、後輩の1年生のギタリスト
スムースジャズ系のバンドを結成しました。

その事を知った3年生の先輩から
これを聞いてみろと渡されたカセットテープ
ラリーカールトンRoom 335
という曲が入っていました。

今回は、Room 335を紹介しようかとも思ったのですが、
あえて、アルバムAlone/But Never Aloneから
紹介させていただくことにしました。

ラリーカールトンは、
Mr.335と呼ばれるほど、
いつもGibsonES-335というギターを
愛用しているのですが、

このアルバムは、たくさんある
ラリーカールトンのアルバムの中で唯一、
全曲アコースティックギター
で演奏しています。
そして、
ラリーカールトンのアルバムの中で、
最もリラックスして聴けるアルバムではないかと思います。



試聴できるサイトへのリンクを下に
紹介しましたので、
ぜひチェックしてみてください。

試聴の前に、
下のランキングボタンを
クリック!
していただけると助かります。

 

【曲情報】
アーティスト: Larry Carlton
アルバム: Alone/But Never Alone
曲名: Pure Delight

 


【アーティストのホームページ】

http://larrycarlton.com/wordpress/


【試聴できるサイト】

★Amazon.com

Pure delight
http://www.amazon.com/gp/product/B000WGTG5C/ref=dm_mu_dp_trk7

アルバム Alone/But Never Alone
http://www.amazon.com/Alone-But-Never-Larry-Carlton/dp/B000002O2I/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です